会計と経理… 愛で会計する 会計って 占い(?)その一

会計と経理の違いについて

あ、それから、記帳ってのもありますね…

英語では会計と経理はaccountingで同じみたいですね。
記帳は帳簿記帳(簿記)と同義です。
これはbook keepingです。

記帳はむかしは代行仕事がありました
記帳代行ですね。
これは文字通り帳簿をつけること、
パソコンで言えば入力代行ですかね。


これに対して、
経理代行はあっても
会計代行って言いませんね。

なぜでしょうか。
accountingの意味との関係を考えるのに
会計と経理の来歴とか語源を調べたんですが
あまり意味はないと思って止めました。

現在の複式簿記は外来のものだから
日本語を当てはめて考えるのは的を得ていないと思うからです。
言語が文化を背景にしてしか語れないように
社会制度も文化を背景にしか語れないと思うからです。

思うにです…
accountingに当てはめた言葉-会計・経理って
感覚的には凄いことだと思うのです。

英語の
accounting は accout 勘定を作ること
それから、accountability(説明責任)を担保することです。
つまり、財産を預けられた人が、不正してませんって
言い訳をするために記録作るってことです。

会計、経理に込められた意味はどういうことだろうかと
そういう視点で 考えてみたいと思います。

白川静さんの「字統」をみると

会は、
蒸し器に何か入れて蒸し料理を作ること
とか
また、蓋のある鼎の意味に転じて、やがて
器蓋をあわせる…ということから会合を意味するようになった
と書いてあります。

計は
計そのままについて
會なり、簒なりって【説文】と言う書に書いてあると書いてあります。
會は要会で、年間の総括をいうとあります。
(計って會と同じでもあるんだ…)

ただそれを、
解字していくと
言 と 十
実は、これ、言とト…つまり
卜占に従って言説を行うということだっららしく
訃にしたらいい感じがしないので
計ってことにしたのではないかと
書いてあります。

なるほど、会計って言う字は
年間の総括を、占うってことですね。

これは代行できない!



では経理はどうでしょうか。

たぶん、経営管理の略でしょうと思われます。
管理を代行することは、まあ、ある程度ですが、
できるような気がします。
経営でちょっと思い浮かぶことを例に挙げると
例えば顧客台帳作成とか売り掛け回収のチェックとかですね…

経は糸+巠 です。
織機の縦糸を表すそうです。
交織の中心部分であるからこれを以て
経綸の意味を有するみたいです
経綸って天下を治める…

営はイトナムですよね。。

ということは、経営って
治めることなんですね、

それの管理。。
が
経営管理

なるほど。
経営管理を代行することは理屈上可能ですね、、


ところが、これが私の目標である
あなたの会社が「卒業」を目的とすべきだという
話に繋がります。。。



ちなみに

理 は
音が里
玉を治めるとあるそうです。

経営に哲学を求めるなら
この玉が何か…を考えたら
あれ、もう答えが出ちゃってる気もしますが、

愛で会計するって
卜占を内に秘めた 哲学(?)かもしれません

つるた勝巳税理士事務所

デジタルの中で、アナログにどう生きるか

©252515.com .All Rights Reserved.

ページトップに戻る