風が吹けば桶屋が儲かるのか反対:食料…政府は救ってくれないよきっと

天然ガス価格の高騰により、二酸化炭素を供給する肥料工場が停止し、食糧不足が深刻化している

 

https://www.naturalnews.com/2021-09-24-soaring-natural-gas-prices-hitting-food-suppliers-carbon-dioxide.html

ノルウェーを拠点とする肥料企業 CFインダストリーズ・ホールディングズは、英国の食品部門に悪影響を及ぼしている天然ガス価格の高騰により、英国の 2つの工場の操業を停止した。

肥料生産の副産物の 1つは二酸化炭素(CO2)だ。

これはビール、パン、およびソーダ水のような炭酸飲料の生産に使用される。それがなければ、多くの食品が英国人たちは利用できなくなる。

二酸化炭素は食品を冷蔵保存するためにも使用されるため、顧客への冷凍製品のすべての配送を停止する必要も出てくる。

食肉処理場にも二酸化炭素は重要なもので、業者は「何かが変わらなければ、今後数週間で操業が停止する」可能性があると警告している。

「二酸化炭素は、屠殺前に鶏や豚を気絶させるために使用される重要な物質であり、貯蔵寿命を延ばすためのパッケージングや、配達中に生鮮食品を凍結状態に保つドライアイスにも必要です」と業者は述べており、米ゼロヘッジは、「二酸化炭素がなければ、食料サプライチェーンは崩壊する」書いた

英国の食品業界は、コロナの制限による悪影響でサプライチェーンはすでに混乱している中で現在、二酸化炭素の生産がバランスを崩しているため、事態はさらに悪化している。

 

英国では 9月末までに CO2がなくなる可能性がある

状況は非常に厳しく、イギリス食肉加工業者協会は、10月までに現在の CO2供給が枯渇する可能性があると警告している。そのようなシナリオは、食肉処理場の閉鎖につながり、動物を大量殺戮することを余儀なくさせる。

InDeep より

https://indeep.jp/countdown-to-destruction-from-2021/

つるた勝巳税理士事務所

デジタルの中で、アナログにどう生きるか

©252515.com .All Rights Reserved.

ページトップに戻る