お客さんと一体になる

顧客管理って 要するに 人をコントロールしたいって事だって気がする…

マーケティングもそう。

もちろん、人がそれをやっていて自分がやらなかったら、負けちゃう…

でも、こういう会社があった

knot watch

https://knot-designs.com/musubu/

協力者を 見つける熱量!と
国内生産のしくみ と
小ロットで勝負できる と 考えたセンス

これなら人に負けようがない。。

マーケティングって、同じ事をする人達の中で競争に勝つ原理なんだろうか?

ブランディングも…

 

違う事ってなかなかできない。

同じ事をしたら、勝たないとダメなのか?

勝たないと、固定費が払えないから…やっていけない…

そうかもしれないけど。

背に腹は代えられない…それもそうだけど。

自分が、顧客「管理」されていたらどう思うか。。

管理されたら気持ちいいって思う人がいるのかもしれないけど

あるいは、だからなんなんだ、便利だから良いじゃないか。。っていう人も。

でも、自分は管理されている…それがわかったら、嫌だなあ…

 

ではどうやって商売したら良い?

自分がショッピングセンターに買いにいっちゃう個人商店主は

同じような個人商店と伴にショッピングセンターに負けちゃうでしょう?。。。

 

実は、日本では(だと思う)商売をなぜやっているかを、あまり考えてこなかったんだと思う。

江戸時代は、仕事週3日で暮らしていたって何かで読んだ。

それでも、なんとか暮らしていた(物質的に貧乏だったかもしれないけどね)

なぜ、商売するんだろう。

なぜ、資本主義なんだろ…資本主義って、主義…実はその裏には、日本的でないものがある。

 

それを深く考えていくと、自分がなぜこの商売をしているのか、答えがあるかもしれない。

その答えには、たぶん正解はない。自分がそう思えるか…が答え。

それがしっかりわかれば、それに共鳴するお客が必ずいる。

いなかったら、その商売は、必要とされていない(必要じゃない…ではない)

 

唐突だけれど…自分は練習やっていないけど、あることを5年くらい続けたら、
なんとなくそういうことはあるかなあ…ってそう思うことがあった。

https://www.youtube.com/watch?v=FzQn7U9MvaY

合気道; 相手と一体化する。。(と、そう言葉にしたいと思った)

 

それって、商売に通じると思う。

お客と一体になる

自分がお客ならこれを売るか? 買うか?

自分がお客ならこの値段でうるか? 買うか?

考えている人はいるかなあ… 

きっと商売がうまい人は、数字を追って、お金の匂いを嗅いで、人のつながりで

上手に利益を上げているんだと思う。

でも、そういう人は、人数としてやっぱり正規分布を外れてることは無いと思う。。

みんなが(誰かの決めた成功法則(定義)に則って)成功することはない。

それをわかっているかなあ…

 

ずっと考えているのでそのうち書こうと思うけど。

値段って、誰がどうやって決めたのか、明確な回答はどうやら無いらしい。。

回答は、自分しか出せない。

 

つるた勝巳税理士事務所

デジタルの中で、アナログにどう生きるか

©252515.com .All Rights Reserved.

ページトップに戻る