ゲイツ氏は、自身のツイッターにこのような意見を記した。

各国がオミクロン株の波に直面すると、医療制度は苦戦する。重症者のほとんどはワクチン未接種だ。オミクロン株が国を過ぎ去った後、今年の残りの期間は感染者数がはるかに少なくなるはずで、コロナウイルスは季節性インフルエンザのように扱われる。

https://jp.sputniknews.com/20220112/9931378.html

つるた勝巳税理士事務所

デジタルの中で、アナログにどう生きるか

©252515.com .All Rights Reserved.

ページトップに戻る