Princes of the Yen reveals how post-war Japanese society was transformed to suit the agenda

DeepL 翻訳

戦後の日本社会がいかにして強力な利権団体の思惑通りに変化していったのか、そしてそのことが市民には全く知らされていなかったのか。その歴史は今、世界で繰り返されています。

原作は、株式市場が80%、住宅価格が84%も下落した90年代の大暴落時に、日本銀行の客員研究員だったリチャード・ウェルナー教授の著書です。この映画では、日銀がいかにして変革を促すために日本経済を活性化させ、そして崩壊させたかを明らかにしています。今日、25年前に日本で起こったことがヨーロッパでも繰り返されており、その目的はユーロ圏における権力の集中です。

この映画では、中央銀行が説明責任と透明性を持つことがなぜ重要なのかを説明しています。また、IMFのような国際金融機関が、主に欧米の支配的な利益につながる条件を国に課そうとしていることも説明しています。AIIBやBRICSが主導する新開発銀行のような機関の設立の意義や最近の動きを理解したい方には、『Princes of the Yen』がその背景を提供します。

Princes of the Yen』は、21世紀の支配的なイデオロギーを支えるコントロールレバーを明確に示しています。現実は少しずつ解体され、権力者が私たちに信じさせようとしている世界ではなく、ありのままの世界を明らかにしていきます。

「なぜなら、隠された力だけが永続する力だからだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

つるた勝巳税理士事務所

デジタルの中で、アナログにどう生きるか

©252515.com .All Rights Reserved.

ページトップに戻る